最近は問屋も小売りするようになってきててそれも安売りしたりするから、問屋なのか小売店なのかが見分けが付かない。
というか、問屋が小売店食うようなことしてていいのか?
確かに、小売店に卸すよりは直売する方が量もさばけるとなるとそれもありだろう。しかし、そうではない場合は小売店を失って逆に問屋自身が窮地に追いやられるだけでは無いかと思うのだが。

今の時代は売り上げが伸び悩んで厳しい時代ではあるため、みんな必至になっているのはよく判るが、ある程度先を見据えた行動を取らないと自らの首をしめてしまう結果になることは明白だろう。
しかし、これがネットの普及という今までの流れとは違うメディアの普及の元では標準になるのかも知れない。時代についていくのは大変である。