昨日今日に始まったことでは無いが『サイバー心気症』に気をつけよう。
これはざっくりというと、自分に起こった体の異常に関してインターネットで検索し、その状況や症例に当てはまるさらに重い病気では無いかと不安になっていくこと。それが元でさらに検索を重ねるという悪循環に陥る。
普通の『心気症』は「自分が重大な病気ではないか」と思い込んでしまう症状であり、これは医師の診断が出てもなかなかその疑いが晴れないようないわば精神的な病気であってこのサイバー心気症とは少し異なるが、精神的な不安定状態という意味では同義だろう。

サイバー心気症が本物の心気症にならないうちにその検索の手を止めて早めに病院に行って下さい。